FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)車MOD紹介 1998 Mitsubishi FTO GP Version R

今回は、「1998 Mitsubishi FTO GP Version R」を紹介します。

snapshot_0000001a_43494d7e.jpg
三菱のホットモデルだったギャランクーペFTOの名前を継承したモデルがFTOである。
当初は日本国内専用車だったが、2000年代以降は日本からも並行輸出され、一部海外でも走っている。
駆動方式はFFのみで、モーターショーでAWD仕様が参考出品されたが、販売には至らなかった。
直線的基調が多い三菱車の中では、珍しく曲線で構成されたデザインである。
重いV6エンジンを搭載するために足回り関係は比較的硬めの設定がなされている。

1994年10月 発売。
排気量2.0LのV6・DOHC24バルブエンジンと1.8Lの直4・SOHC16バルブエンジンを搭載。
V6エンジンは170PS(マイナーチェンジ時に180PS)仕様とMIVECを採用した200PS仕様がラインアップされていた。
またAT車には日本で初めてマニュアルモード(三菱ではスポーツモードと呼称)を搭載するINVECS-IIを採用した(当初は4段、マイナーチェンジ後は5段変速)。

この年、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。その記念モデルとして、ダンデライオンイエローのボディカラーを設定したFTOが500台限定で発売された。

他社同クラスの車種(日産・シルビア、トヨタ・セリカ、ホンダ・インテグラ等)ではMT車の販売比率が高かったが、FTOは広告などでAT車を中心とした販売戦略を採っており、同クラスの車種には設定のない4段/5段スポーツモード付きATを採用していたことなどから、当時のスペシャルティカーとしては珍しくMT車よりもAT車の比率が高かった。
実際、中古車市場においてMT車は稀少である。

FF車ながら旋回性能が高く、また、当時の国産車の中でも比較的高いボディ剛性を確保している。
元レーサーで評論家の桂伸一は「ドリフト競技でFF車部門があれば一番」とコメントしている。
これらの理由からホンダから1995年にインテグラタイプRが発売されるまでは、国産FF車で最速との呼び声も高かった。
(Wikipedia より転載)

snapshot_0000001a_63494db2.jpg
snapshot_0000001a_e3494dbd.jpg
snapshot_0000001a_c3494e07.jpg
snapshot_0000001a_e3494e44.jpg
snapshot_0000001a_83494fa1.jpg
snapshot_0000001a_c3494dd9.jpg

後期型 FTOのホットモデルのVersion Rです。
フロントバンパーやリアスポイラーに書かれたロゴがカッコいいですね。
Forza3のLOD1モデルなので、出来はまあまあです。

※ボディーカラー、ナンバープレートのリカラーが可能です。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
スポンサーサイト
category
(Sims2)車MOD - Mitsubishi
genre
ゲーム
theme
ゲーム

Comment

Trackback

http://midnightgarage.blog.fc2.com/tb.php/332-d1d6466e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。