スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)車MOD紹介 2004 Mitsubishi Lancer Evolution VIII

今回は、「2004 Mitsubishi Lancer Evolution VIII」を紹介します。

snapshot_00000025_42a06f9f.jpg
ダイムラー・クライスラーより移籍したデザイナー、オリビエ・ブーレイが三菱車共通のアイデンティティとして提唱した、富士山型のグリルが採用された。
コンサバティブな長方形グリルから先述の富士山型グリル(通称「ブーレイ顔」)への変更は発売当時は不評を買い、ラジエターの冷却性低下や空気抵抗の増大を招いた。
そのため、性能一辺倒を貫いてきたランエボらしくない“退化”である、と見る向きもある。
もっとも、メカニズムにおいては先代のエボVIIより、着実に進化を果たしており、特にトランスミッションは6速MT化(愛知機械工業製)されている(RSには5速MT仕様も設定)。
基本的にグレードはGSRとRSの2種類である。
両者ではヘッドライト点灯時のテールランプ点灯パターンに違いがある。
ヘッドライト点灯時、GSRはテールランプが4個とも点灯するが、RSは奥の2個のみが点灯し、ブレーキを踏んだ時のみ4個全てが点灯する。
AYCの内部構造を見直し、制御トルク量を増加させたスーパーAYCを採用(RSは純正で1.5WAY機械式LSD、スーパーAYCはオプション)。
リアスポイラーが量産セダン世界初のカーボン製になった。
またこのモデルから日本国外への輸出が正式に開始された。
スーパーAYCの性能と評価は高く、操縦性でライバルのインプレッサを超えたとさえ言われた。
ただし、輸出モデルにはACDは搭載されていない。また、年々増加している盗難対策に、本モデルからはイモビライザーが全グレード標準装備となった。
(Wikipedia より転載)

snapshot_00000025_a2a06fb8.jpg
snapshot_00000025_e2a06fc4.jpg
snapshot_00000025_a2a06fcb.jpg
snapshot_00000025_62a06fd0.jpg
snapshot_00000025_22a06fd2.jpg
snapshot_00000025_c2a06fd9.jpg

三世代目シリーズの中のエボ8です。
エボ7から比べるとスタイリッシュになり、大きなカーボン製のリアスポイラーが目を引きます。
Juiced2のモデルなので、内外装共に完成度は高めです。

評価
★★★★☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
スポンサーサイト
category
(Sims2)車MOD - Mitsubishi
genre
ゲーム
theme
ゲーム

Comment

Trackback

http://midnightgarage.blog.fc2.com/tb.php/308-b7256fa0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。