FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)車MOD紹介 2004 Toyota MR-S

今回は、「2004 Toyota MR-S」を紹介します。

snapshot_81b9df13_01bc8704.jpg
2代目のMR2がパワースペック競争に巻き込まれた結果、シャーシの熟成が間に合わず、挙動が読み辛いうえにピーキーなクルマとなり、とても「Fun to Drive」(初代当時のトヨタの企業スローガン)どころではなくなっていた。
MR-Sではその反省に立ち、他車のコンポーネントを流用しつつ、パワーは控えめであるが軽量化による加速と運動性の良さ、オープンドライブなど、運転が楽しめるライトウェイトスポーツカーに仕上げた。
そのため、MR2にはあった後部トランクが最適な重量配分を得るために撤廃され、代わりにシート背面にラゲッジスペースを備えている。

先代のMR2と同様に前輪駆動車のパワーユニットを後方に平行移動する手法で部品等を流用している。
MR2同様にトランスアクスルが後輪の直上、エンジンはその前方とかなりリア寄りに置かれ、前後重量配分も後部が重い。
徹底した軽量化により、当初は1,000kgを切る重量で作られたが、強化された衝突安全アセスメントへの対応などのためマイナーチェンジで補強が行なわれ、最終的には当初よりも40kg程度重量が増加している。
サスペンションもまたMR2同様に前輪駆動車のフロントサスペンションに多いストラット式サスペンションがリア側にも採用されている。
車名は日本国外向けも含めてMR-Sという名前に変更する計画があったが、英語圏ではMrs(ミセス)の意味となり、スポーツカーに相応しくないという理由で、日本国外(欧州・豪州)ではMR2が継続された。
米国向けはオープンカーとなったことを明確にするため、MR2スパイダーとなった。なお日本国内ではスパイダーの商標はダイハツが保有。またフランス向けは初代よりMRの名称として輸出されていた。なおMR-Sの"MR"はミッドシップ(Midship Runabout )を指している。

売れ行きはさほど伸びず、2006年には年間生産台数が1000台程度まで落ち込み、スペシャルティカー縮小の影響もあって、2007年7月末に生産終了となった。
総生産台数は77,840台で、他社の同クラスのオープン2シーターモデルと比較すると少ない。また、生産中止前にFinal versionが1000台限定で販売された。(ブラックカラーのレッドトップやメッキ風エアインレットガーニッシュなどの特別仕様が設定)MR-Sの終了と同時に、トヨタはスポーツカー事業から一時撤退したことになり、同事業は2012年のトヨタ・86まで待つこととなった。
なお、国内向けのエクステリアにはトヨタマークが一切なく(車内のステアリングにのみ描かれている)、代わりに「MR」を図案化したエンブレムがある。
-Wikipedia より転載-

snapshot_81b9df13_e1bc8724.jpg
snapshot_81b9df13_01bc8732.jpg
snapshot_81b9df13_81bc8743.jpg
snapshot_81b9df13_e1bc878e.jpg
snapshot_81b9df13_81bc87c6.jpg
snapshot_81b9df13_01bc87b3.jpg
snapshot_81b9df13_61bc8764.jpg
snapshot_81b9df13_01bc876c.jpg
snapshot_81b9df13_41bc8804.jpg

ハードトップを装着した、後期型MR-Sです。
Juiced2のモデルなので、内装、外装共に作りこまれています。
また、オープン状態のMR-Sも同梱されています。

評価
★★★★☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
スポンサーサイト
category
(Sims2)車MOD - Toyota
genre
ゲーム
theme
ゲーム

Comment

Trackback

http://midnightgarage.blog.fc2.com/tb.php/278-95052111

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。