Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)Outdoor Sink

日本住宅の庭に欠かせない、水栓柱を制作しました。

snapshot_82a3011d_e2ee3310.jpg
snapshot_82a3011d_02ee3322.jpg

単品とシンクつきの二種類のセットです。
もちろん水は出ませんよ。
OMSPでバケツや小さい鉢植えなんか置いてみると雰囲気出そうです。

ダウンロード
・ファイル名「Outdoor Sink」
スポンサーサイト
category
(Sims2)装飾 - 生活器具

(Sims2)車MOD紹介 1986 Toyota Sprinter Trueno Coupe

今回は、「1986 Toyota Sprinter Trueno Coupe」を紹介します。

snapshot_82a3011d_e2d10e5e.jpg
その形式名称から「レビン」とともに「ハチロク」と呼ばれ、幅広い世代に親しまれている。
このモデルから最終モデルのAE111型に至るまで、一貫して4A-GE型1.6L 直4 DOHCエンジンが搭載されている。
最上級グレードである「GT APEX」の3ドアハッチバックの白黒ツートン仕様車(当初はGT APEX専用カラーであったが、1984年のマイナーチェンジ以降はGTVとAE85型のSRにもオプション設定されるようになった)がコミック「頭文字D」の主人公(藤原文太、藤原拓海)の愛車ということも手伝って、一部の自動車ファンの間で再びAE86型の人気が高まった。

なお、原作者のしげの秀一、アニメ版で主役の藤原拓海の声を演じた声優である三木眞一郎も実際に所有している。
ただ、三木氏が所有しているトレノは、レビンをベース車にトレノ型にレストアしたため、書類上の正式名称はカローラレビンである。

それ以前に、AE86型の性能を褒め称え、その後の「ハチロク」人気を高めることに貢献した人物は元レーシングドライバーの土屋圭市であるともいわれる。
彼は1984年の「富士フレッシュマンレース」で自身が運転する「ADVANトレノ」で6連勝を果たした。
当時の自動車雑誌にも「ハチロク使いの名手」として度々紹介されていた。
土屋自身もフルチューンしたAE86型トレノを現在も所有しており、XaCAR誌のインタビューで「トレノとNSXだけは絶対に手放さない」と語っている。

但し、販売チャンネルの力関係から、実際の販売当時は「レビン」の方が圧倒的に人気が高く、販売台数も多かった。
この為、『頭文字D』のヒットの際には、中古在庫が不足し、一時期価格急騰の事態も発生した。

1984年、一部改良。目立った部分ではドアミラーを可倒式へ変更し、オプション設定の一部変更等が行われる。

1985年、マイナーチェンジ。新意匠の前後バンパー(GT系グレードにコーナリングランプを追加。
新意匠前後バンパーにより全長が若干ながら伸びている)やリアコンビランプといった外装部分をはじめ、新意匠のフロントシートやブラック・グレーの内装色など内外装ともに質感が向上した。
また、4A-GE型エンジンを搭載するGT・GT APEXにAT仕様も追加されたが、製造台数は少ない。

1986年1月、AE86型レビン・トレノで唯一となる特別仕様車「ブラックリミテッド」が400台限定で発売。
3ドアの最上級グレード「GT APEX」をベースとしてモノトーンのブラック外装色にゴールドのエンブレムステッカー、及びドアサイドに張られた「BLACK LIMITED」のステッカーとピンストライプ、リアガーニッシュにプリントされた「BLACK LIMITED」の文字やゴールドに塗装された専用の14インチアルミホイール(GX70系マークIIと共通部品)が外観上の特徴となる。
内装はメーターの照明や目盛りがオレンジ色に変更された専用品となり、フロントシート表皮の材質が一部変更され、オレンジ色で「APEX」の刺繍が入れられる。
また、シートバック部分にはオプションでも設定のないネット状のポケットが装備されるなど、形状こそ「GT APEX」のものと共通となっているが、細かな部分で標準車と差別化を図っている。
ステアリングのホーンパッドにはゴールドで「TWINCAM 16」の文字が入り、シフトノブのシフトパターンの文字もオレンジ色で統一、さらにワインレッドの専用フロアマットを装備するなど、内装・外装ともに隅々まで特別感を演出した。
また、オプション設定だったパワーウインドウがAE86型で唯一標準装備されているのも「ブラックリミテッド」の特徴である。

1987年、トヨタオート多摩(現・ネッツトヨタ多摩)が2ドアトレノをオープンカーに改造した「スプリンタートレノ・コンバーチブル」を地域限定発売した。
(Wikipedia より転載)

snapshot_82a3011d_22d10e8c.jpg
snapshot_82a3011d_02d10e75.jpg
snapshot_82a3011d_42d10e7d.jpg
snapshot_82a3011d_42d10e97.jpg
snapshot_82a3011d_22d10e9e.jpg
snapshot_82a3011d_62d10eff.jpg
snapshot_82a3011d_42d10ede.jpg

AE86型 スプリンタートレノのクーペです。
おなじみの3ドアハッチバックと比べると、少し印象が変わりますね。
モデルの出来はまずまずです。

※リトラクタブルヘッドライトが作動します。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Toyota

(Sims2)車MOD紹介に関するアンケート

現在このコーナーにて紹介する車種を皆様から募集したいと考えております。
おおざっぱな割り振りですが、どうぞ気楽に投票していただけたらと思います。





category
Sims2 MOD紹介

(Sims2)車MOD紹介 1981 Mitsubishi Lancer EX 1800GSR Turbo

今回は、「1981 Mitsubishi Lancer EX 1800GSR Turbo」を紹介します。

snapshot_82a3011d_02b70bbc.jpg
1979年3月フルモデルチェンジ。
ボディサイズが先代より大きくなり、車名もランサーEXとなる。
4ドアセダンのみの設定。
搭載エンジンは1200/1400/1600/1800 SOHCと1800 SOHCターボ/輸出仕様のみ2000 SOHCターボ。
駆動方式は初代を継承してFR。
初代モデルの曲線を多用する構成に対し、直線を基調へと変わった。
デビュー当初は「ミニ・ギャランΣ、ミニ・エテルナΣ」とも呼ばれた。ギャランΣ/Λ、エテルナΣ/Λ用のものを縮小化したプラットフォームが用いられていた。
エンジンは当初、1,600 cc(サターン80、G32B)と1,400 cc(オリオンエンジン、G12B)の2タイプが用意。
サスペンション形式はフロントが旧モデルと同じストラット式だがリアはリーフリジッドから4リンクコイル式リジッドへと変更された。
トランスミッションは4速及び5速MTで、1,600 cc車のみに3速のATを設定。またブレーキも全車サーボ付のフロントディスクが標準で付き、最上級グレードには4輪ディスクが奢られた。

1981年11月
1800ターボ(G62型ターボエンジン)が追加。5速MTのみの設定でトランスミッションや足回り関係がすべて強化されている。
俗に「ランタボ」と呼ばれるモデルであるが、この当時インタークーラーは付いていない。また、従来の1800モデルはカタログ落ちとなる。

イタリア人デザイナーのアルド・セッサーノがスタイリングに関与しており、ターボエンジン搭載モデルのランサーターボは特にランタボという愛称で親しまれた。
現在は中東・アフリカ・ブルネイ仕様等に使用される。
アジアの一部地域(クウェートなど)では日本名ギャランフォルティスのモデルが「ランサーEX」という名称で販売されている。 ハイパワーFR車という条件からドリフト走行に使用されるケースもある。
(Wikipedia より転載)

snapshot_82a3011d_22b70bc5.jpg
snapshot_82a3011d_42b70bd5.jpg
snapshot_82a3011d_e2b70bdc.jpg
snapshot_82a3011d_e2b70bf1.jpg
snapshot_82a3011d_c2b70be1.jpg
snapshot_82a3011d_e2b70be6.jpg
snapshot_82a3011d_42b70c2d.jpg

ランサーエボリューションのご先祖様とも言える二代目ランサーターボです。
角ばったデザインの渋い車ですが、コンパクトなボディーでちょっと可愛らしいですね。
全体的にまあまあの出来です。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Mitsubishi

(Sims2)車MOD紹介 2014 Toyota TS040 Hybrid

今回は、「2014 Toyota TS040 Hybrid」を紹介します。

snapshot_82a3011d_c2d10ca8.jpg
2013年のWECシーズン中、トヨタは、2014年のWECでのレース活動継続と2014年シーズンのプロトタイプレーシングカーのレギュレーションに基づく新しいル・マン・プロトタイプ(LMP1)カーの開発を発表した。
更なる詳細は、8月31日のサンパウロラウンドでトヨタのテクニカルディレクターのパスカル・バセロンによって明らかにされた。

TS040は、V8の自然吸気(NA)エンジンにスーパー・キャパシタのシステムを後輪の車軸に搭載する前モデルのTS030と同様の従来のレイアウトに、更に前輪の車軸にもスーパー・キャパシタのシステムを追加搭載して一時的な四輪駆動も使用できる様にされた。
2014年3月27日に公開された。
2014年のWEC開幕戦にあたる4月20日のシルバーストン6時間レースにデビュー戦に期待が寄せられた。

1周あたり(ル・マンのサルト・サーキット基準)に放出するエネルギー回生値は、選択できる4段階(2MJ/4MJ/6MJ/8MJ *単位:MJ=メガジュール=百万ジュール)のうち2番目に大きい6MJを選択した。
最大520馬力のNAの3.7リットルV8エンジンに回生エネルギーの480馬力が加わる。
減速時には、モーターを兼ねる発電機のMGU(モーター・ジェネレーター・ユニット)と従来型ブレーキの組み合わせで減速し、同時に、MGUにより回生されたエネルギーはインバータを介して、スーパーキャパシタに蓄えられる。
一方、加速時には、回生エネルギーが逆方向に移動し、前後のMGUから、合計で480馬力のパワーアシストが得られる仕組み。
4輪駆動のハイブリッドという点が、TS040 HYBRIDの大きな特徴となる。

2013年12月2日に、トヨタ・レーシングはアレクサンダー・ヴルツ ・ ステファン・サラザン ・ 中嶋一貴 ・ アンソニー・デビッドソン ・ ニコラ・ラピエール ・ セバスチャン・ブエミら2013年シーズンを契約したドライバー全員の契約更新を発表した。
更に、リザーブ兼テストドライバーとして新たにマイク・コンウェイと契約したことも発表されている。
なお2015年シーズンに向けては、スーパー・キャパシタの代わりに一般的なバッテリーを搭載することも検討している。
(Wikipedia より転載)

snapshot_82a3011d_c2d10cb4.jpg
snapshot_82a3011d_22d10cc1.jpg
snapshot_82a3011d_e2d10cc9.jpg
snapshot_82a3011d_a2d10cf1.jpg
snapshot_82a3011d_62d10d03.jpg
snapshot_82a3011d_c2d10cd8.jpg
snapshot_82a3011d_62d10d0a.jpg

トヨタのプロトタイプレーシングカー、TS040 HYBRIDです。
Real Racing3のモデルなので、内外装、ペイント共になかなかよい出来です。

評価
★★★★☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Toyota
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。