Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)車MOD紹介 1988 Subaru Alcyone VX

今回は、「1988 Subaru Alcyone VX」を紹介します。

snapshot_0000001a_c2344cde.jpg
キャッチコピーは『4WDアヴァンギャルド』、『オトナアヴァンギャルド』。

1985年6月8日、富士重工業はパーソナル・スポーツクーペ「アルシオーネ」シリーズを発売した。日本国内発売に先立つ。

1985年1月に、すでにスバルXTクーペとして「デトロイト・ショー」で初披露され、富士重工業としては初の海外先行発売車種となった。

「デトロイト・ショー」デビューに際して、各国のモータージャーナリストを招いた大々的な試乗会や、ハリウッド映画へ登場させるなど、「XTクーペ」へのアメリカ市場における富士重工業の期待の大きさを窺わせた。入念な事前プロモーションの結果、アメリカ市場では、発売直後こそ非常に好調な販売で推移したが、1985年9月の「プラザ合意」以降の急激な円高のために商品力が低下。急遽、既存のEA型水平対向4気筒エンジンに2気筒を追加して、6気筒、排気量2.7Lの「XT6」(日本名:アルシオーネ2.7VX)が企画され、1987年、販売に移された(アメリカ発売は1988年度から)。

欧州市場と豪州市場では「VORTEX(ボルテックス)」の名で販売された。
しかし、「廉価でスタイリッシュなクーペ」から「先進的な高級パーソナル・クーペ」への突然の趣旨変えが受け入れられたとは言い難く、期待されたアメリカ市場での販売を回復することはできなかったため、コンポーネントから専用設計とした「SVX」に再起を賭けることになった。

メカニズムでは従来の油圧多板クラッチに専用コントロール・ユニットによるパルス制御を取り入れることにより、前後駆動トルク配分を自動制御する「ACT-4」、オートマチックトランスミッションの4速化、電動モーター・アシストによる車速感応式パワーステアリング「CYBRID」、ABSのライン装着など、非常に意欲的なアクティブ・セイフティに対する姿勢は、現在でも一部に高い評価がある。
(Wikipedia より転載)

snapshot_0000001a_e2344ced.jpg
snapshot_0000001a_82344cfb.jpg
snapshot_0000001a_62344d0f.jpg
snapshot_0000001a_62344d19.jpg
snapshot_0000001a_02344d26.jpg
snapshot_0000001a_a2344d45.jpg

スバルの六連星の中で一番大きい星から名前をとった名車、アルシオーネです。
エクステリア、インテリア共に角ばっているデザインが魅力です。

※リトラクタブルヘッドライトの開閉が可能です。
※ボディーカラー、ナンバープレートのリカラーが可能です。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
スポンサーサイト
category
(Sims2)車MOD - Subaru

(Sims2)車MOD紹介 1992 Subaru Vivio RX-R

今回は、「1992 Subaru Vivio RX-R」を紹介します。

snapshot_0000001a_4220b353.jpg
1992年3月にレックスの後継モデルとして発売された。
デビュー当初のキャッチフレーズは「SIMPLE RICH(シンプルリッチ)」だった。車名は英語のVIVID(鮮やかな、生き生きとした)に由来する造語で、排気量の「660」をローマ数字で表記した 「VI VI 0」 にもかけられている。
多くのグレードと「ビストロ」や「Tトップ」などの派生車種を持ち、ラリーなどのモータースポーツへも参戦した。
ボディタイプは3ドアハッチバックと5ドアハッチバックの2種類で、発売当時主流となりつつあった5ナンバーの乗用車となる3ドア/5ドアのセダンと、税制上の優遇措置があった、いわゆる軽ボンバンと呼ばれる4ナンバーの商用車である3ドアバンが存在した。

軽自動車は1名乗車の機会が多いとする調査結果に基づいて運転席の居住性を重視した「ドライバーズ・ミニ」というコンセプトに則って前席のレイアウトが設計されている。
運転席側の空間を広くするため、助手席はやや小ぶりで左側に寄せられている。
シフトレバーやパーキングブレーキレバーが設置されているセンタートンネルも車体の中央からやや左側に配置されている。
外見は、ショルダーラインから上の窓まわりを一段絞ったことや、曲線を生かした面構成がスタイリング上の特徴となっている。ボディカラーもレックスでのソリッドカラー中心の展開に比較すると、メタリックやマイカ塗装が展開され、質感向上をアピールした。乗用と商用で車体後部の形状を作り分けていて、乗用グレードではレンズ面積の大きい横長のリアコンビネーションランプを採用した一方、バンでは欧州仕様のバンパーと小型のリアコンビネーションランプを採用してハッチの開口部を広げ、荷役性を向上させている。

ヴィヴィオはスバルで初めて1990年の軽自動車規格改正に合わせてシャシが新設計され、比較的低い重心で操縦安定性の向上を図っている。
発売当時の軽自動車の保安基準は時速30kmでの衝突安全を確保するものであったが、ヴィヴィオは普通車の基準である時速40kmでの衝突安全を確保していて、当時の軽規格の中では車体の強度と剛性は高い。
欧州にも輸出され、日本国内より速度域の高い欧州でも、高い操縦安定性が現地の自動車専門誌[要追加記述]から評価を受けた。
軽自動車では過去に例のなかったニュルブルクリンクでのテストを行い、RX-R (FF) のベストタイムは9分54秒台であった。また、筑波サーキットでのテストにおいても、RX-R (FF) が1分13秒35という、軽自動車としては極めて優秀なタイムを記録している。また、RX-Rの最高速は自動車雑誌各誌のテストで182km/hを記録した。

1998年10月に生産終了し、後継車はヴィヴィオのプラットフォームを改良したプレオであった。
(Wikipedia より転載)

snapshot_0000001a_4220b38d.jpg
snapshot_0000001a_8220b39a.jpg
snapshot_0000001a_6220b368.jpg
snapshot_0000001a_0220b3a7.jpg
snapshot_0000001a_e220b3ac.jpg
snapshot_0000001a_0220b3c5.jpg
snapshot_0000001a_2220b3ba.jpg

ヴィヴィオのホットモデル、ヴィヴィオ RX-Rです。
一昔前はベーシックなヴィヴィオと混じってこのRX-Rもいましたが、最近はあまり見かけなくなりましたね。
内装が少し残念です。

評価
★★☆☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Subaru
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。