Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)車MOD紹介 1979 Alfa Romeo Alfasud Sprint

今回は、「1979 Alfa Romeo Alfasud Sprint」を紹介します。

snapshot_00000025_02a06b56.jpg
主任設計者はオーストリア出身で、フェルディナンド・ポルシェの薫陶を受けたルドルフ・ルスカ(en:Rudolf Hruska)であった。
1971年のトリノ自動車ショーにデビューすると、ジョルジェット・ジウジアーロによる魅力的なスタイリング、低重心の水平対向エンジンや特にフロントはインボードとされた4輪ディスクブレーキなどの高度なメカニズムがジャーナリズムから高い賞賛を受けた。
なお、こうした設計は1966年にデビューした百瀬晋六設計の日本車・スバル・1000や1970年登場のシトロエン・GSに触発された可能性があるが、ルスカ自身は自動車雑誌「スーパーCG」No.29号に掲載されたインタビュー記事の中で、「影響されたわけではない」とこれを否定している。

アルファスッドはこのように1970年代初頭の小型大衆車しては傑出した設計内容を持っており、シャープなハンドリングや広い居住スペース、高いブレーキ性能などそれにふさわしい性能を有していたが、ポミリャーノ・ダルコ工場の生産技術、労働者のスキルの低さ、更には労働争議に悩まされたイタリア鉄鋼産業の生産力不足を補うためにソ連から輸入したといわれるボディ用鋼板の防錆処理不足により、購入者たちはボディ内外の仕上げの悪さや1-2年でフロントウインドウ周辺に穴が開くほどの発錆に悩まされることになった。
また熱帯地域などでクーラーを装着した場合、冷却不足でオーバーヒートする事例も多く見られた。

このためセダン・ワゴン系だけで1983年までに893,719台という多数が生産され、アルファロメオの魅力をより幅広い層に知らしめたアルファスッドは、同時にアルファロメオの品質問題が社会一般に喧伝される原因にもなってしまい、南イタリアでのアルファスッド生産はアルファロメオブランドの信用低下・経営悪化の直接の原因となった。
また発錆のため早い時期にスクラップにされた例が多く、程度の良いアルファスッドの残存台数は世界的にも生産規模の割には非常に少ないと言われている。何より、世界的にもデロリアンなど欠陥車の筆頭として挙げられる不名誉を得てしまった。

1976年には「アルファスッド・スプリント」が追加された。
同じくジョルジェット・ジウジアーロによる、より直線的だが別種の魅力に富んだスタイリングを持つ3ドアスポーツクーペで、エンジンは1,300ccに拡大されていた。
1978年には1,500ccモデルも追加された。
1983年には「アルファロメオ・スプリント」と名称変更され、ベルリーナ系が33(基本的には同一設計でボディデザインを新しくしたモデルながら、前輪ブレーキがアウトボード化され、後輪ブレーキがドラム化されるなど純技術的には後退している)及びアルナ(日産・パルサーベース)に取って代わられ生産中止された後も1989年まで存続した。
Wikipedia英語版によると、スプリントの累計生産台数は121,434台とされる。
(Wikipedia より転載)

snapshot_00000025_02a06b78.jpg
snapshot_00000025_e2a06b84.jpg
snapshot_00000025_c2a06b8c.jpg
snapshot_00000025_e2a06b92.jpg
snapshot_00000025_82a06b97.jpg
snapshot_00000025_02a06bb0.jpg

後期型のアルファスッド・スプリントです。
この時代の無機質な感じのデザインがたまらなく渋いですよね。
リアの給油口(?)のクアドリフォリオがかっこいいです。
全体的にまずまずの出来です。

評価
★★☆☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
スポンサーサイト
category
(Sims2)車MOD - Alfa Romeo

(Sims2)車MOD紹介 2011 Alfa Romeo 4C Concept

今回は、「2011 Alfa Romeo 4C Concept」を紹介します。

snapshot_00000019_80e827d9.jpg
アルファロメオは2011年1月に開催されたジュネーブショーにてコンセプトカーの「アルファロメオ4Cコンセプト」を発表。
2013年のジュネーブショーで正式な市販モデルが「アルファロメオ4C」として発表され、同年9月にイタリアバロッコにあるフィアットのテストコースにてメディア向けに試乗会が行われた。

車名の由来となった (4 cylinders) 直列4気筒ガソリン直噴エンジンは、アルファロメオジュリエッタ クアドリフォリオ ヴェルデに搭載されていた1,750 cc ガソリン直噴ターボ(235 PS )を改良し、最高出力を240 PS に引き上げた。
特筆すべきはフルカーボンモノコックを採用したことであり、モノコック単体の重量ではわずか65 kg しかなく、乾燥重量は895 kg となった。重量の軽さも相まってパワーウェイトレシオは3.7 kg/ps を達成した。
トランスミッションはフィアット独自開発の6速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)であるAlfa TCT (Twin Clutch Technology) を採用し、MTの設定はない。
-Wikipedia より転載-

snapshot_00000019_e0e82806.jpg
snapshot_00000019_20e827e9.jpg
snapshot_00000019_00e827f7.jpg
snapshot_00000019_80e82820.jpg

GRID2のモデルなので、出来はなかなかいいです。
ただ内装の出来が少し残念です...
NFS:Most Wanted(2012)でステージ1のボスでもあったので、馴染みのある方もいるのでは?

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Alfa Romeo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。