Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

(Sims2)車MOD紹介 2009 Honda S2000 Ultimate Edition

今回は、「2009 Honda S2000 Ultimate Edition」を紹介します。

snapshot_c1ecf501_a1ed0d82.jpg
本田技研工業創立50周年記念として、1998年に発表され、1999年4月に29年ぶりに販売されたFR車である。
環境性能を追求しており、10・15モード燃費も11~12km/Lとスポーツカーにしては良い方である。
ベストカーのスポーツカー企画では100点を獲得するなど本格的なスポーツカーとして君臨した。
2006年の販売チャネル統合以前の取扱い販売店はベルノ店。

オープンカーでありながらスポーツカーとしての運動性能を実現するために、クローズドボディと同等以上の剛性確保を目指し、閉断面の大型フロアトンネルと前後のサイドメンバーとを水平につなぐ「ハイXボーンフレーム構造」を採用した。
あわせて、フロントピラーへは二重鋼管を内蔵し、乗員後方に高強度のロールバーを設置し、ツインドアビームを採用するなどにより、乗員の傷害軽減に配慮した構造も採用した。また、ボンネットは軽量化を狙いアルミ製である。

駆動方式はホンダとしてはS800以来29年ぶりとなるFRである。
エンジンは前車軸より後方に置かれ、車体の前後重量バランスを50:50にすることに成功した。
エンジンルームに縦置きにされた直列4気筒 DOHC VTEC NA 2.0L「F20C」エンジンは最高出力250PS(125PS/L)を発生し、許容回転数は9,000rpmである。市販車においてこのような高回転型エンジンは稀であり、そのピストンスピードはF1エンジンに匹敵する。トランスミッションは6速MTのみでAT車の設定はなく、9,000rpmという高回転を許容するため、ホンダが独自で開発したものである。操作フィーリングの向上をめざし、36mmという短いシフトストロークを実現している。
2004年からの北米仕様向けモデルは、エンジンを「F22C」に変更した。従来の「F20C」を元に、シリンダーのボア径はそのままにストロークを84.0mmから90.7mmに延長し、排気量を2.2Lに拡大した。許容回転数は8,000rpmに下げられた。これは主に北米市場からの「乗りやすさ」を求めた要望によるもので、常用域におけるトルク増加が目的とされている。日本においても2005年11月のマイナーチェンジ時にエンジンを「F22C」に変更された。

2007年10月22日 - AP2初のマイナーチェンジが行われ、2008年モデルとして発表された。
このマイナーチェンジでS2000では初となる電子制御システム(ABSとTCSに加え、横滑りを制御するシステム)を持つVSAが採用される。先に発表された北米仕様である「CR」の国内仕様として「TYPE S」が設定された。
「TYPE S」はサーキット走行を重視した「CR」とは異なり、日常使用でのワインディング走行を重視したモデルであり、空力面とサスペンションセッティングを煮詰め直すことで、従来の標準仕様モデルよりも高速域の安定性と操縦感を向上させている。
また、「TYPE S」は上原繁が本田技術研究所在職最後に手掛けた車となった。
なお、「type V」は2008年モデル移行時に廃止されている。
-Wikipediaより転載-

snapshot_c1ecf501_e1ed0dae.jpg
snapshot_c1ecf501_a1ed0dd9.jpg
snapshot_c1ecf501_e1ed0de5.jpg
snapshot_c1ecf501_a1ed0e72.jpg
snapshot_c1ecf501_a1ed0df8.jpg
snapshot_c1ecf501_21ed0e03.jpg
snapshot_c1ecf501_41ed0e16.jpg
snapshot_c1ecf501_61ed0e3b.jpg
snapshot_c1ecf501_a1ed0eb6.jpg

AP2型 S2000です。
Ultimate Editionというヨーロッパのみで発売されたモデルです。
GRID2のモデルなので、出来はなかなかのものです。
幌の縫い目や凹凸までしっかり再現されています。

評価
★★★★☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
スポンサーサイト
category
(Sims2)車MOD - Honda

(Sims2)車MOD紹介 1999 Honda Civic CX

今回は、「1999 Honda Civic CX」を紹介します。

snapshot_a14c500e_e1600388.jpg
1995年9月4日、通称「ミラクルシビック」にモデルチェンジがおこなわれた。型式はE-EK。
主力モデルの3ドア「VTi」/フェリオ「Vi」のエンジンは、従来のVTECとVTEC-Eを統合し、低燃費高出力を実現させた3ステージVTECに進化し、オートマチックトランスミッションは、ホンダマルチマチック(HMM)と呼ばれるCVTが搭載された。(「EL」と「SiR」は、4速ATである。)
先代の3ドア車の欠点だった後席の居住性は、ボディサイズの拡大やフェリオと同じホイールベースの長さ(2,620mm)にすることで改善された。 

3度目の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

1997年8月22日に追加された「タイプR」では、排気量は1.6Lのままながら、B18C型と同じ高さのブロックを用い、エンジンは185PSを発生するに至った。これと同時に3ドア「SiR II」およびフェリオ「Si II」がそれぞれ「SiR」および「Si」となり、従来レースベースモデルであった「SiR」および「Si」は廃止された。

南アフリカには1.8Lモデルが存在する。

1998年6月に、環境に優しい天然ガス(CNG)を燃料とするフェリオベースの「シビックGX」を販売開始した。クーペと同様にアメリカで生産され、型式はEKではなく、クーペ(後述する「Si」を除く)同様のEJである。

1998年9月3日にマイナーチェンジ。新排ガス規制に対応したため型式が変わり、GF-EK型となった。外観はヘッドライト、グリルおよび前後バンパーの変更、室内ではオーディオスペースが前期の1DINサイズから2DINに拡大された。
北米仕様シビック・クーペの後期には「Si」(EM1)が設定していた。これは、北米におけるシビックで初めてのスポーツグレードである。
-Wikipedia より転載-

snapshot_a14c500e_616003c7.jpg
snapshot_a14c500e_616003a0.jpg
snapshot_a14c500e_616003ac.jpg
snapshot_a14c500e_216003dd.jpg
snapshot_a14c500e_016003e7.jpg
snapshot_a14c500e_016003ee.jpg

6代目 EK型シビックです。
タイプRも好きですが、ベーシックなグレードのEKも好きです。
NFS:Pro Streetのモデルなので、まずまずの出来です。

ボディカラー、ナンバープレートのリカラーが可能です。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様よりダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Honda

(Sims2)車MOD紹介 1998 Honda Perlude Tuned

今回は、1998 Honda Perlude Tunedを紹介します。

snapshot_00000028_9ff7150e.jpg
1996年11月7日に登場した。コンセプトは3代目までの路線に戻され、スペシャリティクーペとして居住性の向上が計られた。外見の特徴としては縦型に伸びるヘッドライトが特徴。インパネは先代のバイザーレスの近未来的デザインから、従来タイプなものに戻された。サンルーフもオプションながら、3代目以来のガラスサンルーフが復活した。

イメージカラーはシルバーメタリックで、カブロンという名称の合成皮革をシートに使用した赤と黒ツートーンの内装を、「Si」および「SiR」にオプション設定した。車体色により、黒一色のカブロンを採用した内装も選択できる(その後のマイナーチェンジで「Si」では廃止され、「SiR」のみとなった)。 後期型からは本皮シートもType Sのみに設定され、他のグレードのシート柄が変更された。「Type S」や後期型で新設された「SiR S spec」ではPRELUDEの刺繍がとれたシートとなり、サイドはカブロンだが(前期)エクセーヌからスウェードタッチファブリックと名称が変更され、シート地も若干変更された。

日本国外仕様ではベージュ内装やクルーズコントロールの設定がありサイドマーカーの位置も地域で異なっている。オートエアコン、フロントフォグランプ、リアワイパーを持つのは基本的に日本仕様だけである。 日本国内でのアフターパーツは多くないものの、海外市場では4連スロットル化、後付けターボ化といった商品もキット化されている。
プラットフォームはインスパイア(直列5気筒用)やアコードのものを流用することが検討されたが、先代と同じくプレリュード専用のプラットフォームが用いられた。

エンジンは先代を継承したが、スポーツグレードの「Type S」と「SiR S spec」とでは、ピストンの形状や高圧縮化により220PSに出力向上された(ヘッドカバーの色も黒から赤となる)。加えて、「Type S」には新開発のATTS(左右駆動力分配システム)を装着し、これはのちにSH-AWDに発展した、後期型では制御方法が変更された。「SiR S spec」には ビスカスLSDが標準で設定された(前期ではMT仕様のみオプション設定)。4WSの作動角も先代の6度から8度に変更された。その他のAT仕様には、新開発のシーケンシャルモード付き4速AT(Sマチック)が初搭載された。
2001年4月、インテグラのフルモデルチェンジに伴い、インテグラに統合というかたちで販売を終了した。国内累計販売台数 13,924台

-Wikipedia より転載

snapshot_00000028_7ff7153d.jpg
snapshot_00000028_5ff71560.jpg
snapshot_00000028_9ff71527.jpg

snapshot_00000028_7ff7154e.jpg

シンプルな改造が施された5代目プレリュードです。
ちょっとスポーティな感じが堪りません。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様からダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Honda

(Sims2)車MOD紹介 1994 Honda Accord Wagon

今回は、1994 Honda Accord Wagonです。

snapshot_ff156e5d_5f294b6b.jpg
5代目 CD3/4/5/6型(1993-1997年)

1993年9月2日 - セダンをフルモデルチェンジした。衝突安全基準MVSSの影響を受けて全車3ナンバーボディとなった(全幅1,760mm)。全長は先代よりもわずかに短く抑えられているが、室内空間は先代と大きな変化がない。ボディラインナップは当初4ドアセダンのみで、後にHAM産の2ドアクーペと5ドアワゴンが加わった。 なお、この代よりいすゞ自動車へアスカとしてOEM供給され、これは6代目アコードまで継続した。欧州では先代のセダンが引き続き販売された。
エンジンは全てPGM-FI仕様になり、トルク、パワーともに向上した。主力モデルのF22B型 2.2L SOHC、F20B型 2.0L SOHC、F18B型 1.8L SOHCの他、スポーツグレード用のH22A型 2.2L DOHCがラインナップされ、2.2LはVTEC化が施された。
アメリカ市場を重視した設計のため5ナンバーの日本専用車種 アスコット(2代目)/ラファーガを発売したが、結果はそれらのモデル以上の販売成績をおさめ、先代よりも堅調な売れ行きを示した。

1994年3月 - クーペ、ワゴンをフルモデルチェンジした。生産は引き続きHAMにて行なわれた。

1995年 - アメリカ市場向けに、初代レジェンド用のC27A型 2.7L SOHC V型6気筒を追加した。このエンジンは、オーストラリア仕様にも搭載された。

1996年7月1日 - セダンをマイナーチェンジした。外装のデザインに加え、スポーティモデルの内装は専用のブラックモノトーンに変更される。

1996年9月5日 - HAM産のクーペ、ワゴンをマイナーチェンジした。日本産セダンに準じた外装に変更された他、スポーティモデル「SiR」が追加される。

-wikipediaより転載

snapshot_ff156e5d_df294bf5.jpg
snapshot_ff156e5d_3f294bc6.jpg
snapshot_ff156e5d_9f294c48.jpg
snapshot_ff156e5d_df294bd9.jpg
snapshot_ff156e5d_df294c14.jpg
snapshot_ff156e5d_ff294ba0.jpg
極太マフラーやBBSのホイールなど、所々にスポーツ感があるのがいいですね。
外装、内装共にそこそこの出来です。

評価
★★★☆☆

Vovillia Corp様からダウンロードできます。
category
(Sims2)車MOD - Honda

(SIms2)車MOD紹介 1997 Honda Civic Type-R

今回は、1997 Honda Civic Type-Rです。
snapshot_00000015_bd96ee84.jpg
通称「ミラクルシビック」と呼ばれる6代目シビックです。
この「Type-R」は6代目デビューの約2年後の1997年に追加されたグレードです。
エンジンはB16B型 1.6L 直4 DOHC VTECを搭載し、車体重量も軽量化され、
エアロパーツやバケットシートを装備しています。
さらに専用車体色「チャンピオンシップホワイト」などもあります。
snapshot_00000015_3d96ee8b.jpg
モデルはおそらくNFS Prostreetからでしょう。完成度は高めです。
マフラーの青い焼け痕がイカしますね~
snapshot_00000015_5d96eec6.jpg
ホイールの色まで変更できるちょっと変わったMODです。
メインカラーでボディとホイール、セカンドカラーでボンネットの色を変更できます。
snapshot_00000015_3d96eef2.jpg
「Type-R」のロゴまでしっかり再現されています。
snapshot_00000015_dd96eefc.jpg
ライト周りが少し残念です・・・
snapshot_00000015_bd96ef0a.jpg
内装は程よい出来です。

評価
★★★★☆

Vovillia Corp様からどうぞぉ
category
(Sims2)車MOD - Honda
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。